男性型脱毛症(AGA)治療前に覚えておくべき知識とは

男性型脱毛症の原因や治療法など基礎知識を紹介

カテゴリー: AGA治療の新薬「ザガーロ」

グラクソ・スミスクライン社からAGA治療の新薬「ザガーロ」が発売

Published / by admin / Leave a Comment

「ザガーロ」とは、デュタステリドを有効成分とするAGA(男性型脱毛症)で、イギリスに本社のあるグラクソ・スミスクライン社(GSK)が、2015年9月28日に厚労省から製造販売承認を取得した医薬品で、剤型はカプセル錠で、5α還元酵素Ⅰ型とⅡ型阻害薬である「ザガー ロカプセル0.1mg」「ザガーロカプセル0.5mg」の2種類となっています。おもな効能や効果は、「男性におけるAGA(男性型脱毛症)」として承認を取得しており、臨床試験においても、発毛の評価指標として設定された毛髪の数の増加や、育毛の評価指標として設定された硬毛数および、毛髪の太さの増加など、AGA(男性型脱毛症)に対する効果がはっきりと確認されている製品です。

 

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降の男性にみられる薄毛や脱毛の症状で、前頭部と高等部の毛髪が細くなっていき、徐々に進行をしていくため、次第に額の生え際部分から後退して、頭頂部の毛髪がなくなってしまうという特徴がみられます。薄毛や脱毛の症状だけですので、とくに命に危険が及ぶような疾患ではないものの、やはり見た目を気にする男性も多く、薄毛に悩む男性の多くは心理的なストレスを抱えている方が多いと言われており、育毛剤や発毛ローションなどの外用薬のほかにも、内服薬などによる薄毛治療を望んでいます。「AGA(男性型脱毛症)」の男性の薄毛や抜け毛の原因には、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が深く関与していると言われており、ジヒドロテストステロン(DHT)が発生することで、髪の毛の根元にある毛乳頭のなかで男性ホルモンレセプターと結合します。男性ホルモンレセプターが結合することで、髪の毛を造る毛母細胞に対して、「髪の毛を作るな」という命令を出してしまう、これがAGA(男性型脱毛症)になってしまう原因であるとも言われています。

 

グラクソ・スミスクライン社「ザガーロ」の有効成分であるデュタステリドは、そもそも薄毛治療のために開発されたのではなく、前立腺肥大症の治療用成分として開発された成分でしたが、デュタステリドには、5α還元酵素(5α-リダクターゼ)を阻害することで、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制させる効果があり、前立腺肥大症も同様にジヒドロテストステロン(DHT)が原因となって発症しますので、両方の症状に対して効果があるということが分かったのです。AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を生成するのに必要不可欠とされる5α-還元酵素(5α-リダクターゼ)を阻害することで、DHTの生成を抑制して「AGA(男性型脱毛症)」を改善させる効果があります。この5α-還元酵素(5α-リダクターゼ)には、Ⅰ型とⅡ型があり、従来の治療薬ではⅡ型しか抑えることができなかったのに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型両方の働きを抑えることができるため、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成をより強く抑制させることができることから、高い効果が期待されているという点が最大の特徴となっています。グラクソ・スミスクライン社「ザガーロ」の用法・用量は、「男性成人には、通常、0.1mgを1日1回経口投与し、必要に応じて0.5mgを1日1回経口投与します」となっていますが、0.5㎎の発毛効果が高いことが分かっており、副作用に関しても0.1㎎と0.5㎎では差がないことが分かっていますが、基本的には0.5㎎を服用することが主流となり、カプセルの効果はとくに食事の影響を受けませんので、食事に関係なく1日1回、ご自身の都合に合わせて、24時間おきを目安に服用すれば問題はないでしょう。