男性型脱毛症(AGA)治療前に覚えておくべき知識とは

男性型脱毛症の原因や治療法など基礎知識を紹介

作者別: admin

AGA遺伝子検査で解る男性型脱毛症に与える遺伝の影響とは

Published / by admin / Leave a Comment

男性型脱毛症とは主に思春期以降の男性に生じる物で、具体的には前髪の生え際が後退したり、頭頂部の髪の毛の量が少なくなったりして地肌が見えやすくなる症状の事です。人によって発症の形は様々で、いずれか一つの症状が出る人もいれば、複数の症状が同時に起こる人もいて安定せず、また何もしないでいるとどんどん進行してしまう病気でもあり、その発症の原因は遺伝子や男性ホルモンの影響によるものだと考えられています。

 

まず遺伝の影響とはどのような物かというと、自分に脱毛症が起こりうるかを考える場合、男性に起こる症状であることから父親から受け継がれた物ではないかと思い浮かびますが、男性型脱毛症の場合はそうではなく、実はその原因となっているハゲの遺伝子は母親から受け継ぐX染色体上に存在するのです。つまり父親が禿げていないからと言って自分も安心だと思うのは早計であり、しかし女性は男性型脱毛症にはなりませんから母親の頭髪で判断する事もできません。

 

ここで注目すべきなのが母親の父親、つまり母方の祖父の頭髪で、祖父は母親のX染色体の元とも言えますから、祖父の髪型が隔世遺伝されて自分に影響していると判断する事ができます。一応、X染色体その物は母親にもあり、そこから自分に受け継がれていますから、厳密には隔世遺伝とは言えないかもしれませんが、祖父の頭髪はいつごろから脱毛が発生していたのか、何歳から頭皮が目立ち始めたのか等を知る事によって自分の髪の毛の将来について推測する事は可能です。

 

また、より確実な方法としてAGA遺伝子検査があり、検査キットを用いて自分にAGAの可能性があるのかを調べる事ができます。AGAとはそのまま男性型脱毛症の事で、口の中の粘膜を摂取して検査し結果を伝えてもらう物ですが、キットを自宅に持ち帰って自分で採取、検品を病院に郵送する事で後日結果を伝えてもらう方法もあります。検査結果はCAGリピートの数で判断し、若年性脱毛症の可能性があるか否か、また育毛剤の成分を使った場合に効果があるか否かも判断します。この結果をもとにどの様な種類の脱毛症なのかを解釈し、治療に適した薬を作ったりその他にすべき予防策や治療法があれば教えてもらう事が可能になるのです。

 

ここまで遺伝に関して述べてきましたが、一方で脱毛症が発症する原因は遺伝だけではなく、家族に脱毛症の該当者がいない場合でも起こる可能性があります。その原因がジヒドロテストステロン物質で、DHTとも呼ばれているこれは脱毛部分に多く存在し、そして5α- 還元酵素の力でテストステロンから生み出されることが解っており、毛乳頭に存在している男性ホルモン受容体と結合し、毛髪のサイクルを乱す効果を持っています。これによって薄毛のリスクが高まり、太く長い毛髪になる前に抜け、頭皮が見えたり、本来であれば成長途中の薄い髪の毛しか残らなくなってしまうのです。

 

一般的には遺伝よりもジヒドロテストステロンが原因で発症する可能性の方が高いとも解釈されており、またDHTは脱毛症だけではなくニキビや前立腺肥大等の症状を招く恐れもある為、発生の都度治していくよりは、DHTその物を生み出さないようにする事が一番の対策法とも言われています。病院やクリニックでDHTに有効なフィナステリドを含んだ治療薬を処方してもらう他、食事等の生活態度の改善によっても治る場合があると言われていますから、市販の育毛剤を購入して自分だけで直そうとするよりは、無料カウンセリング等を活用して専門医へ相談し、普段の生活態度を第三者の視点から分析、診断してもらう事で自分に適した治療方法を提案してもらう事が確実でしょう。

男性型脱毛症を促進させるテストステロンの働きと脱毛の原因とは

Published / by admin / Leave a Comment

男性型脱毛症(AGA)の治療においては、個々の患者様において異なる原因を究明して適切なケアを施す事が重要になります。この脱毛症の原因とは、多くの場合は男性ホルモンの一種であるテストステロンや、そのホルモンを受け取るアンドロゲン受容体などが関連しており、DHTなどの物質により脱毛が促されることになるので、 良好なヘアサイクルを取り戻す事が重要になり、酵素や還元酵素などを上手く用いてのケアが大きな効果を発揮する事が多々あるのです。このような独自の治療方法では毛髪の生え変わりが健康的な頭皮で行われるように、体内で発生する悪玉な成分を阻害して抜け毛を食い止め、健康的な毛髪の成長に必要な各種の成分を頭皮に配合する事が効果的な手法となっています。

 

このような体内の脱毛を促す成分の分泌を上手くコントロールする為には、適切な成分が配合された発毛促進効果の期待できる薬剤を用いる事も重要になっており、頭皮の老化を上手く抑制して脱毛を食い止める事が大切になることに加え、ストレスなどの環境的な要因にも配慮して抜け毛の問題を改善していく事が重要になります。このような目的を達成する為には、健康的な頭皮を育成する成分に加え、脱毛を促す物質の体内での生成を食い止める事も重要で、発毛や育毛を阻害する要因となっている物質の胎内での生成を抑えることと、ストレスの改善が重要になります。このような目的を達成するためには、過度な脂質を抑制することで健康的な頭皮の血流の状態を整え、血液の循環が滞る事を防止しなければならず、各種のビタミンなどを頭皮に注入して新陳代謝の働きを促し、頭皮の肌を正常に保津事も重要なポイントとなります。ビタミンなどの毛髪の生成を促す重要な栄養素が不足することで、身体的な機能のバランスが乱れてしまい、正常な肌質の維持が困難になることに加え、疲労や倦怠感などを引き起こす原因となりますが、このような専門的な毛髪の成長を促すケアを受ける事で、頭皮の健康状態を整えストレスを改善して、健康的な毛髪を育成する為に理想的な環境を整える事ができるようになるのです。

 

この効果は各種の成分の体内での働きにより、抗酸化作用により体内で発生した活性酸素が除去されるためで、頭皮の真皮層では発毛に不可欠なコラーゲンなども生成されるようになるので、頭皮の健康状態のバランスを上手く保ち、髪の毛の成長を促進する作用を得る事が出来ます。

 

そのため、毛髪の成長を促すためには、体内での有害な物質の生成を食い止め、髪の毛の成長のサイクルを重視したケアが必要なものとなっており、各種の成分を毛髪の成長に重要な役割を担う部分に、的確に頭皮に届ける事が重要になっています。特に、アミノ酸などは毛髪の構成要素の一部ともなっており、毛髪を生成する際に重要な栄養素であることに加え、体内に蓄積された毒素や老廃物を排除し、代謝を促進させるもので、血中コレステロールを抑制します。このようなアミノ酸の効果は育毛には欠かせないものとなっており、発毛を阻害する体内の物質を除去する為にも必要となることから、医療機関での専門的な手法を用いたケアが必要になり、育毛を妨げる物質の抑制を行い、発毛の機能をアップさせる事が重要になります。このような治療方法を用いる事は、毛髪の育成出来る環境を整える事に加え、脱毛を促進させるホルモンの分泌を抑える効果も期待でき、ヘアサイクルを適切な周期に回復させる効果が期待できます。

 

その結果、健康な毛髪を育成させる為に効果的な手法となっており、テストステロンの分泌を抑え、 DHTの生成を制御して、毛髪の生え変わりを促す効果を期待することができます。このようなケア方法では効果的に発毛を促す細胞に働きかけることが出来るので、毛髪の基本となる各種の細胞の再生を促進し、皮膚の状態を改善します。

男性型脱毛症のセルフチェック方法とは抜け毛の量です。

Published / by admin / Leave a Comment

最近、テレビコマーシャルを見ていても、男性のヘアケアアイテムがとにかく増えてきているように感じられます。それは、育毛シャンプーや育毛剤、スカルプシャンプーや増毛剤、かつらやウィッグ、そして女性が通うエステサロンのようにヘアケアサロンや増毛サロン、究極のところでは、男性型脱毛症(AGA)治療という男性型脱毛症における医療機関での治療の勧めなど、毎日のように繰り返し、何かしらのヘアケア関連のコマーシャルが流れており、それほど、髪の悩みを抱えている男性が増えてきているということが良くわかります。

 

一昔前までは、薄毛やはげはある意味仕方がないもので、遺伝などの影響も大きいといわれており、男性は女性のように、美容に対して何らかの対策を取るということはあまりしないものだという認識のほうが一般的だったので、これほどヘアケア商品も開発されてはいませんでした。しかし、スカルプDの登場と共に、ここ数年でその空気はガラッと様変わりしており、男性の髪の悩みは解決できるものというイメージが定着しつつあります。思春期以降の男性型脱毛症は進行性といわれているので、早い段階で適切な処置を行えば、薄毛の進行を食い止めることが出来、大切な髪の毛を失わずに済むのです。そこで自分でできるセルフチェック方法とは、枕についた抜け毛の量や身支度の時に洗面台に落ちた髪の量をチェックして見ることが最も基本で、産毛のような細い毛が大量に抜けている場合は、何らかの原因によって髪の生え変わる毛周期がおかしくなっており、髪の毛が太く立派な毛に育ちきる前に抜け落ちてしまっているという悪いサイクルになってしまっているのです。これは主に生え際や頭頂部に顕著に見られる特徴で、このような悪循環が繰り返されていくうちにだんだんと髪のボリュームが失われていき、見た目にもずいぶんと髪の変化が感じられるようになってしまいます。

 

年を取れば体毛というものは細くなっていくのは自然の流れですが、頭頂部などの髪のコシが明らかに細く弱くなってきているような場合も要注意で、進行性のAGAを疑ってみてもおかしくはありません。最近は前述したように、育毛剤や育毛シャンプー、スカルプシャンプーなどの種類も増え、そういったものを使ってお手入れを行うことももちろん意味はありますが、それでもあまり見た目には変わらないと感じるようであれば、本気で自分の毛髪を甦らせたいと願うのであれば、出来るだけ早い段階で、専門の医療機関でAGA治療を受けることをお勧めします。このAGA治療の成功率は、育毛剤や発毛サロンなどでは比べ物にならないほどの高い確率で、治療をスタートさせる人の約95パーセント以上は、確実の自分の黒髪を取り戻しています。費用や副作用などのことを危惧される方も少なくはないようですが、最近のAGA治療は飛躍的に進歩しており、この治療が出だした当初に比べると内服薬の種類も増え、自分の体質に合った薬をオリジナルできちんと調合してくれるクリニックもたくさんあるので、他の服用している薬との飲み合わせももちろん判断し、副作用が最小に抑えられるものを処方してくれるので、何の心配も要らないという声が多く聞かれています。

 

そして、具体的な男性型脱毛症のセルフチェック方法として最も効果があるのが、抜け毛の成長具合を確かめることです。男性型脱毛症(AGA)は髪の成長サイクル(毛周期)が短くなり髪が成長する前に抜けて、毛根が委縮して産毛や軟毛しか毛根から生えなくなってしまい、最終的に成長サイクル(毛周期)が限界を迎えると、髪が生えてこなくなる現象です。人間は100本位は毎日抜け毛が生理現象としてでますので、あまり抜け毛の本数は気にし過ぎることは不要です。

 

その男性型脱毛症(AGA)の予兆として、枕元や排水溝の抜け毛を観察して、短い毛は無いか?細い毛は無いか?髪が太くなる前の猫毛のような短い軟毛が無いかを確認してください。もし抜け毛にそういう毛が混じっているいるようであれば、男性型脱毛症(AGA)の可能性が高いので、セルフチェック後は専門医にしっかりと診察してもらいましょう。

 

 

AGA治療は主としてこの内服薬の服用だけで、喫煙や飲酒、食生活やストレスなど生活環境の改善などを強く指導されることもなく、ただ単に処方された薬を飲むだけで良いので、仕事などで忙しいという男性でも無理なくチャレンジすることが出来ます。また通院は月に一回というクリニックがほとんどなので、ヘアケアサロンのように時間やお金がかかるということもありません。総合的に判断すれば、今巷にあるものの中で最も安上がりで効果が高いヘアケアとしては、医療機関でのAGA治療ではないでしょうか。