男性型脱毛症(AGA)治療前に覚えておくべき知識とは

男性型脱毛症の原因や治療法など基礎知識を紹介

AGA遺伝子検査で解る男性型脱毛症に与える遺伝の影響とは

Published / by admin / Leave a Comment

男性型脱毛症とは主に思春期以降の男性に生じる物で、具体的には前髪の生え際が後退したり、頭頂部の髪の毛の量が少なくなったりして地肌が見えやすくなる症状の事です。人によって発症の形は様々で、いずれか一つの症状が出る人もいれば、複数の症状が同時に起こる人もいて安定せず、また何もしないでいるとどんどん進行してしまう病気でもあり、その発症の原因は遺伝子や男性ホルモンの影響によるものだと考えられています。

 

まず遺伝の影響とはどのような物かというと、自分に脱毛症が起こりうるかを考える場合、男性に起こる症状であることから父親から受け継がれた物ではないかと思い浮かびますが、男性型脱毛症の場合はそうではなく、実はその原因となっているハゲの遺伝子は母親から受け継ぐX染色体上に存在するのです。つまり父親が禿げていないからと言って自分も安心だと思うのは早計であり、しかし女性は男性型脱毛症にはなりませんから母親の頭髪で判断する事もできません。

 

ここで注目すべきなのが母親の父親、つまり母方の祖父の頭髪で、祖父は母親のX染色体の元とも言えますから、祖父の髪型が隔世遺伝されて自分に影響していると判断する事ができます。一応、X染色体その物は母親にもあり、そこから自分に受け継がれていますから、厳密には隔世遺伝とは言えないかもしれませんが、祖父の頭髪はいつごろから脱毛が発生していたのか、何歳から頭皮が目立ち始めたのか等を知る事によって自分の髪の毛の将来について推測する事は可能です。

 

また、より確実な方法としてAGA遺伝子検査があり、検査キットを用いて自分にAGAの可能性があるのかを調べる事ができます。AGAとはそのまま男性型脱毛症の事で、口の中の粘膜を摂取して検査し結果を伝えてもらう物ですが、キットを自宅に持ち帰って自分で採取、検品を病院に郵送する事で後日結果を伝えてもらう方法もあります。検査結果はCAGリピートの数で判断し、若年性脱毛症の可能性があるか否か、また育毛剤の成分を使った場合に効果があるか否かも判断します。この結果をもとにどの様な種類の脱毛症なのかを解釈し、治療に適した薬を作ったりその他にすべき予防策や治療法があれば教えてもらう事が可能になるのです。

 

ここまで遺伝に関して述べてきましたが、一方で脱毛症が発症する原因は遺伝だけではなく、家族に脱毛症の該当者がいない場合でも起こる可能性があります。その原因がジヒドロテストステロン物質で、DHTとも呼ばれているこれは脱毛部分に多く存在し、そして5α- 還元酵素の力でテストステロンから生み出されることが解っており、毛乳頭に存在している男性ホルモン受容体と結合し、毛髪のサイクルを乱す効果を持っています。これによって薄毛のリスクが高まり、太く長い毛髪になる前に抜け、頭皮が見えたり、本来であれば成長途中の薄い髪の毛しか残らなくなってしまうのです。

 

一般的には遺伝よりもジヒドロテストステロンが原因で発症する可能性の方が高いとも解釈されており、またDHTは脱毛症だけではなくニキビや前立腺肥大等の症状を招く恐れもある為、発生の都度治していくよりは、DHTその物を生み出さないようにする事が一番の対策法とも言われています。病院やクリニックでDHTに有効なフィナステリドを含んだ治療薬を処方してもらう他、食事等の生活態度の改善によっても治る場合があると言われていますから、市販の育毛剤を購入して自分だけで直そうとするよりは、無料カウンセリング等を活用して専門医へ相談し、普段の生活態度を第三者の視点から分析、診断してもらう事で自分に適した治療方法を提案してもらう事が確実でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です