男性型脱毛症(AGA)治療前に覚えておくべき知識とは

男性型脱毛症の原因や治療法など基礎知識を紹介

女性が発症する男性型脱毛症(FAGA)とは

Published / by admin / Leave a Comment

近年では良く耳にするようになった男性型脱毛症(AGA)は、その名称からも、男性しか発症しない薄毛の症状であると考えている人は少なくありませんが、実際には女性でもかなりの割合で同じ原理から薄毛や抜け毛が進行しており、男性のAGA(androgenetic alopecia)と区別してFAGA(Female androgenetic alopecia)と呼ばれています。

 

FAGAとは日本語で女性男性型脱毛症といい、一般的な加齢やストレス、ホルモンバランスなどによる抜け毛とは異なり、男性に見られるAGAと良く似た症状が起こります。具体的には、若い年代でも発症するケースが多く、ホルモンバランスの乱れが大きな原因となっているために一時的なものでもありませんし、びまん性脱毛症や分娩後脱毛症などとは異なりますので、検査をすればどちらかが判断できます。ただ、男性とは異なるところもあり、AGAの場合には生え際から交代しながら薄くなっていくというパターンが多いですが、こちらは主に頭頂部や前頭部の髪の毛が細くなっていくという特徴があります。いずれの場合でも、ヘアサイクルが乱れて抜け毛や薄い髪の毛が増えてくるのが大きな兆候となっていますので、これまでよりも細い抜け毛が増えてきたと感じたときには、早めにAGA専門のクリニックで相談をしたほうがよいでしょう。

 

男性型脱毛症の進行はハミルトンノーウッド分類と呼ばれる図式で分類されますが、FAGAはルードウィッグ型、クリスマスツリー型が追加され、その進行パターンは男性よりも多様化していきますが、基本的には前頭部、頭頂部、中央の分け目という具合です。

 

この症状のメカニズムは、ホルモンバランスの乱れがきっかけとなっており、発毛や育毛を促進させる女性ホルモンの分泌量がストレスや加齢、乱れた食生活や生活習慣などが原因で減少した結果、髪の毛の成長が正常に進まなくなる上、男性ホルモンの分泌量が増加して毛乳頭に入り込むことで、別の物質に変化して、髪の成長や発毛を阻害し、ヘアサイクルの周期を大幅に短縮させるといったものです。これによって、本来限りがあるヘアサイクルの回数が短時間で終了してしまい、後生えてこなくなってしまいますので、AGAによる抜け毛の増加の場合には、できるだけ早期治療をすることが重要といわれています。とはいえ、男性の薄毛の悩みは9割が「男性型脱毛症」といわれていますが、女性は薄毛の原因や症状のパターンが非常に多く、素人判断では脱毛のパターンだけでは他の脱毛と区別がつきにくい為、まず専門医のところでカウンセリングや検査を受けてから、その症状に即した治療を受けたほうがよいでしょう。

 

AGAの治療の場合には、基本的にプロペシアという飲む育毛剤を服用しており、テストステロンが5α還元酵素によってジヒドロテストステロンに代謝されるのを阻害し、ヘアサイクルを正常に戻す働きがありますが、妊娠や出産、生理周期などに影響を及ぼす可能性がありますので、FAGAの治療には世界的に女性の服用が禁止されており、日本でも一切使用されません。ただ、ミノキシジルという塗り薬は頭皮の環境を改善させて、発毛しやすくする効果がありますし、ホルモンにも影響を与えませんのでFAGAの治療でも使われています。男性は個人輸入でプロペシアをクリニックを通さずに購入しているケースもありますが、女性は前述したように原因や症状などが複数パターンある為、自己判断ではなくクリニックの指示に従うほうが安心、安全な対策をとることができます。

 

なお、クリニックでの治療は自由診療になりますので、通常の通院よりもかなり高額になります。まだ抜け毛がそれほど気にならないという段階の内は、市販のヘアケア製品を使ったり、ホルモンバランスを整える効果のあるサプリメントを服用するなどの対策で様子を見ることもできますが、ヘアサイクルが著しく短くなった場合には、将来的に治療をしても効果が現れなくなる可能性がありますので、できるだけ早めにしかるべき治療を受けることをお勧めします。クリニックでの治療も研究が進められており、近年では再生医療の導入で発毛率が高く、治療を中断しても抜け毛が進行しない方法なども用意されるようになりましたので、それほど心配する必要はありません。

 

また、最近では銀座ACCクリニックなど女性の薄毛を専門的に取り扱う病院も増えてきましたので、「男性と同じ髪の病院にいくのは一目が気になって1歩踏み出せない」という場合には、積極的に利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です