男性型脱毛症(AGA)治療前に覚えておくべき知識とは

男性型脱毛症の原因や治療法など基礎知識を紹介

ミノキシジルとはリアップに代表されるAGA男性型脱毛症の治療薬

Published / by admin / Leave a Comment

ミノキシジルとはAGA男性型脱毛症の治療薬として有名であり、日本では大正製薬からリアップという治療薬で販売されており、海外ではファイザー社が開発している薬で世界的にも人気の男性型脱毛症治療楽として知られています。輸入代行業者を仲介することで日本でも購入することができますが、リアップの場合は現時点では薬事法の関係でOTC医薬品として薬局でしか購入は認められていませんので、購入したいのであれば、薬局に行くかインターネット上の輸入代行業者に依頼して購入することになりますので、自分でよい方法を選択しましょう。

 

このミノキシジルと呼ばれる薬品は主に血管拡張剤として薄毛に悩む人に利用されており、もともとは血圧が高い人のために治療薬として降圧剤として使用されていましたが、使用していた患者さんの体毛や頭髪の毛が生え濃くなってきたことにより、発毛剤として更に研究開発が進みミノキシジルはAGAでも利用されるようになりました。このミノキシジルを用いることで毛母細胞の活性化を行うことができ、毛髪が成長すために欠かせない栄養を毛根に届ける役目や成長因子(グロースファクター)という髪の成長を促すたんぱく質の分泌促進を担うことになりますので、薄毛に悩む人には欠かせない外用薬になっています。

 

また、男性型脱毛症(AGA)の治療専門の病院のみミノキシジルの経口薬を処方しており、一度お医者さんに診てもらい診察を受けた後で使用することが重要になります。特にリアップなどの皮膚からの薬剤の吸収率は非常に低いのですが、経口からの薬の吸収率は高く薬剤の血中濃度は比較にならない為、非常に発毛の効果が経口薬は優れています。しかしながら、その反面副作用の危険性もあり、まれに重篤な副作用になることもありますので、持病がある人などは必ず主治医に相談してから使用することが推奨されている薬になります。

 

一部輸入代行業者によって購入することが可能になっていますが、副作用や危険性に関しては誰も責任を持ってくれませんし、そもそも自分にとっての適切な薬剤濃度も分からない状態での個人輸入が危険以外の何物でもありません。

 

なお、ミノキシジルは初期脱毛を起こすことが多いという症例が数多くあります。しかしこの初期脱毛ですが心配する必要がないものであり、これからしっかりした発毛のために仕方ない脱毛になります。基本毛髪というのは成長期間が3~5年と言われておりその生涯を終えたら生え変わるための作業をすることになりますので、男性ホルモンの影響などを受けて男性型脱毛症にかかった毛髪は成長しにくくなりますので、成長をする前に抜け落ちてしまうのです。ミノキシジルを使用して成長させようと毛母細胞に働きかけることで成長を促進することになり、その前に男性ホルモンの影響を受けた細胞は次の成長する毛髪のために抜け落ちることになりますので、初期脱毛は仕方がない症状になりますので心配する必要はありません。逆にミノキシジツの効果が効いているというポジティブな捉え方も出来ます。しかしながら、発毛を期待して髪が多く抜けるのは精神衛生上良いことではありません。そういった場合には医師のメンタルケアやミノキシジルの濃度調整で十分カバーできます。

 

男性型脱毛症というのは根治出来る病気ではなく、薄毛の症状を改善する対処療法です。ミノキシジルで満足した髪が生えても男性型脱毛症の症状が出やすいという体質は変わりません。髪のボリュームに満足して薬を辞めても、また数年たつと脱毛の症状が現れますので、そうなった場合にはまた薬の服用が必要になります。そう考えるとミノキシジルなどの内服薬は人生において、長期的にお世話にならなければならない可能性があります。そう考えるち先ほど述べた海外業者の個人輸入代行業者に依頼することでこの薬を購入することもでき、そして非常に安い価格で手に入れることができますが、リスクや副作用、メンタルケアなどは無く、万が一何はあった際にはたった1人でその悩みや責任を抱え続けることになります。長い付き合いで安心・安全に男性型脱毛症(AGA)治療を行うのであれば病院に相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です