男性型脱毛症(AGA)治療前に覚えておくべき知識とは

男性型脱毛症の原因や治療法など基礎知識を紹介

フィナステリドとは5α還元酵素阻害剤で男性型脱毛症や前立腺肥大症の治療薬として広く一般に用いられている薬です。

Published / by admin / Leave a Comment

男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大症を発症した男性が、薬物療法によって治療を行うことを選択した場合、これらの症状の進行を抑える目的でしばしば使用されるのが「フィナステリド」と呼ばれる医薬品です。では、フィナステリドとはどのような作用を示す物質であり、どのような効果を持つ物質なのでしょうか。

 

フィナステリドは5α還元酵素阻害剤に分類される医薬品の成分の一つです。フィナステリドの作用について知るためには、まず男性型脱毛症や前立腺肥大症がどのようなプロセスで発症していくかを知る必要があります。人間の体内には、身体の成長に非常に重要なテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが存在しています。このテストステロンは男性の場合睾丸で95%、副腎で5%が生成・分泌されて、血液を通って体内を巡ります。なお、テストステロンは男性ホルモンという名前ですが、女性にFAGAという薄毛の症状があるように女性体内でも成・分泌されており、女性の場合は卵巣や副腎で凡そ男性の1割程度の量のテストステロンが生成されています。なお、男性の場合は20歳前後でテストステロンの生成・分泌量のピークを迎え、その後は徐々にその分泌量が減少していきます。

 

この男性ホルモンは5α還元酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンをつくり出します。ジヒドロテストステロンは前立腺や男性器の発達に大きく関係のある男性ホルモンですが、産生量が過剰になると、前立腺が過度に肥大化して尿道を圧迫するようになったり、頭部の毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体と結合することでヘアサイクルが乱れ、髪が軟毛化し正常な髪の成長が妨げる作用を引き起こすようになります。尿道の圧迫が長期化すると前立腺肥大症の症状が発現し、排尿障害が起きたり、残尿感が残るようになり、最悪の場合は尿道が閉塞されて尿が全く出ない事態になります。毛髪の成長が妨げられることで細くて短い髪が生成されやすくなって抜けやすくなり、だんだん毛髪の密度が低くなって薄毛の症状がはっきりと自覚できるようになり、AGAの発症に気がつくことになります。

 

フィナステリドを体内に投与すると5α還元酵素の働きを阻害して、テストステロンが代謝されてジヒドロテストステロンになる過程をブロックすることで産生量を抑制し、これによって肥大化した前立腺を縮小させて尿道を圧迫から解放します。また、頭部についてはAGAの症状の進行を遅らせます。ただし、即効性は無く、フィナステリドの投与の効果が確認されるまでは、医薬品の製品の種類によるものの、3~6ヶ月程度は連日投与を続けなければならず、効果を継続させるためにはさらに長期間の連日投与が必要となります。その理由としてはフィナステリドは「血中濃度が24時間でほぼ0」になり、フィナステリドを飲んで24時間で成分の大部分が体外に排出されてしまうため、持続的な効果を得る為にはフィナステリドは毎日飲む必要があるということです。

 

なお、5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類がありますが、男性型脱毛症(AGA)を引き起こす仕組みには、頭皮に多く存在するⅡ型が大きくかかわってるとされ、フィナステリドは5α還元酵素Ⅱ型の代謝を主に阻害します。なお、5α還元酵素のⅠ型は全身の体毛に存在することから男性型脱毛症(AGA)との関連性は低いと考えられています。フィナステリドは肝臓で代謝される成分であるため、重い肝機能障害を持つ人や、血液検査で肝臓の数値に異常が見られる人に対しては投与が行われないほか、使用者の中には連日の服用によって胃部不快感や性欲の減退などの副作用が起こる可能性があります。外国ではフィナステリドが投与されている患者に勃起不全の症状が発現したという報告があり、フィナステリドとの因果関係は不明であるものの、アメリカのFDA(食品医薬品局)はメルク社に対して製品の添付文書に注意事項として追加するよう要請しています。

 

ただ、臨床試験のデータからは、フィナステリド1mgの副作用に関しては「胃部不快感・性欲減退6%」とプラセボ(偽薬)の臨床試験のデータとほぼ同様であり、データ上副作用の危険性というのは極めて低い。また、フィナステリドは性欲を司るテストステロンの生成・分泌を抑制する効果は無い為、理論上は性欲減退の副作用は発生しないはずである。

 

とはいえ万が一、副作用を感じる場合には直ぐに服用を中止して下さい。プロペシアの有効血中濃度のデータから、服用してから約24時間で凡その成分は体外に排出されますので、24時間以降に副作用の状況がどうなるかで、フィナステリドとの因果関係がある程度把握できるはずです。フィナステリドが含有されている医薬品の種類は多く、男性型脱毛症の治療薬としては、メルク社が開発して、日本ではメルク社の日本法人であるMSD製薬が製造・販売しているプロペシアをはじめとして、このジェネリック医薬品にあたるフィンペシアやエフペシア、フィナバルド、ハリフィンといった医薬品がよく知られており、前立腺肥大症の治療薬としては、メルク社が開発しているプロスカーや、そのジェネリック医薬品であるフィンカーがよく知られています。

 

本来はプロペシアの特許は2019年頃まで保持される為、他社がフィナステリドを有効成分とした薄毛治療薬を作ることは出来ませんが、インドでは国内の法律上その特許を守る義務が無く、完全な無法状態である為にシプラ社やインタス社などインドの会社がジェネリック医薬品を多種販売しています。

 

なお、2015年2月20日にファイザー株式会社がフィナステリド錠の後発医薬品(ジェネリック医薬品)の製造承認が得られたと発表があり、今まではインドの製薬会社を中心としていたフィナステリド錠が日本では出回っていましたが、高品質の国産品の登場でまたユーザーの選択肢が広がることになります。※ファイザー株式会社のフィナステリド錠(後発医薬品)の発売日や価格は未だ未定です。

 

5α還元酵素阻害剤であるフィナステリドの含有薬は、前立腺が肥大化した男性やAGAを発症している男性の多くに対して、治療薬として最初に選択されることの多い医薬品です。ただし、風邪薬や抗ウイルス薬などとは異なり、薬の効果はゆっくりと現れていくものであるため、目に見える形で効果が分からないからといって決して自ら服用をやめることなく、焦らずに服用を継続していくことが重要です。最低でも6か月程度は連続して服用することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です