男性型脱毛症(AGA)治療前に覚えておくべき知識とは

男性型脱毛症の原因や治療法など基礎知識を紹介

ファイザー株式会社からフィナステリド錠のジェネリック医薬品が発売

Published / by admin / Leave a Comment

男性型脱毛症に効果のある治療薬として世界的に処方されている「フィナステリド」のジェネリック医薬品(後発医薬品)がファイザー製薬の日本法人であるファイザー株式会社より製造・販売を開始するというニュースがありました。

 

なお、ある分野において初めに出した薬である先発医薬品は特許を出願し、それが認められると20年は開発メーカーが独占的に製造・販売することができるという世界的な法律があります。というのも、新薬を開発するにあたり、予期しない副作用の発現や、効果の不安定性、既存薬との効果の差異が出ないなどの検証するにあたって莫大な時間を要する不確定要素やリスクが多く、製薬会社は何百億という費用を新薬の研究や試験に費やす必要があります。

 

そして、いざ完成まで漕ぎ着けて発売した薬で、他社が化学構造だけ真似して安い薬を販売してしまうと、新薬を開発した会社に利益が出ないだけでなく研究・試験費用の回収さえも出来ない莫大な赤字を抱えてしまう状態になってしまいます。また、そんな状況になると、そもそも新薬を開発・研究する製薬会社が無くなってしまい医療業界の後退が危ぶまれてしまいます。しかし、未来永劫その薬の利益を独占してしまうと、進歩や革新が生まれなくなってしまう為、20年という期間を設けているようです。ちなみに薬の特許には薬そのものの特許である「物質特許」、疾患への有効性(効果・効能)の特許である「用途特許」、製剤する際の工程の特許である「製剤特許」、有効成分のアイデアの特許である「製法特許」の4つがあり、それぞれ特許申請出来る時期が異なり、一概に薬の「物質特許」承認から20年という訳ではありません。

 

その特許が切れた後に、厚生労働省の承認を得て先発医薬品と同様の効果が認められるという薬がジェネリック医薬品(後発医薬品)といいます。ジェネリック医薬品(後発医薬品)は先発医薬品のように何百億という費用を研究や試験に費やす必要がありませんので、必然的に先発医薬品よりも価格が安くなります。

 

ファイザー株式会社から今回発表された「フィナステリド」のジェネリック医薬品も現在価格は未定ですが、標準先発品名としてMSD製薬のプロペシアがありますので、恐らくそれよりは多少安価になり、手に入りやすい状況になるでしょう。ちなみにファイザー株式会社のフィナステリド錠のジェネリック医薬品の詳細をみていくと、今回は(フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」)と(フィナステリド錠1mg「ファイザー」)という名称の2種類が販売されます。なお、販売名は「有効成分+その含有量+社名」という厚生労働省により定められた後発医薬品に関しての命名方法がありますので、それにならって薬の名前が付けられています。

 

なお、(フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」)は28錠入り(PTP包装14錠入りシート2枚)の1種類、(フィナステリド錠1mg「ファイザー」)は28錠入り(PTP包装14錠入りシート2枚)と、140錠入り(PTP包装14錠入りシート10枚)と90錠(瓶)の3種類が発売されます。なお、PTP包装とは錠剤を表から強く押すと裏から飛び出るPTP(press through pack)のシートのことで、プロペシアの包装材と同様のタイプのものを利用しています。

 

その他のファイザー株式会社から発売されるフィナステリド錠のジェネリック医薬品の詳細の一部を抜粋します。より詳細が確認したい人はファイザー株式会社の公式ホームページで確認してみて下さい。

——————————————————-

■薬効分類名:5α-還元酵素II型阻害薬、男性型脱毛症用薬
■有効成分:フィナステリド
■添加物:無水乳糖、アルファー化デンプン、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、軽質無水ケイ酸、ポビドン、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、マクロゴール400、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール6000、黄色三二酸化鉄、三二酸化鉄
■直径:7.2mm
■厚さ:3.3mm
■重量:129mg
■禁忌:
・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人[「重要な基本的注意」、「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」
■用法及び用量:男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。
■用法及び用量に関連する使用上の注意:3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。
本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には投薬を中止すること。また、6ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討すること。

——————————————————-

 

当たり前ですが、凡そプロペシアと変わりはありません。また、気になる血漿中フィナステリド濃度も24時間で限りなく「0」になり、対外に排出されるために副作用が気になったら直ぐに服用を停止すればプロペシア同様に、ファイザー株式会社のフィナステリドも問題がないと考えられます。

 

なお、病院から処方が開始されるのが2015年4月6日頃を予定しており、発売日に向け世間の注目度が高くなっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です